• トップ
  • 【不動産現状有姿売買】事故物件やゴミ屋敷状態の家を即現金買取

相続したけど使わない家は時間をかけずに即売却

お片付けの必要はありません、そのまま買取可能

実家や相続した家を売りたいけど、事前のお片付けをする間がない、お片付け費用が捻出できないために売却の端緒にもつけないというご相談をよく受けます。

特に孤独死があったり、ゴミ屋敷状態の場合はお片付け費用もそれなりに高額となりそれゆえに躊躇し前に進まないということも往々にしてあります。

そもそも片付けたからといってすぐに売れるかどうかもわかりません、そんな場合はお片付けや清掃をせず『そのまま売る』という選択肢があります。

ゴミ屋敷のまま家を売る 孤独死があった家をそのまま売る 

事故物件やゴミ屋敷の家をそのまま売るメリット・デメリット

事故物件や荒れたままの状態で家を売る場合のメリットとしては下記のようなものがあります。

1.市場に出して売却先を探すのではなく、すぐに買取るので現金化までが早い。
2.お片付けや清掃を行う必要がない。


遠方に住んでいて時間がない、お片付けに手間とお金を掛けたくない、急いで売りたい、片付け費用が捻出できない。
と言った場合にそのまま買取はひじょうに有効です。

逆に現状有姿で売る場合はデメリットもあります。

1.売却後に家の中に貴重品などがあったとしても戻らない可能性がある。
2.買取地域が限定される。
3.市場に流通させるよりも価格が下がる可能性がある。


(2)(3)に関しては物件の状況などによりますので何とも言えませんが、問題は(1)です。

いわゆる事故物件やゴミ屋敷状態のまま買取る不動産業者は以前に比べて増えており、お客様にとっても選択肢が増えていいことですが(1)の問題はなかなかクリアできないのが現状です。

実際『現状有姿』で売買が済んでるのですから、中にある物すべての所有権も移っています、例え後になってダイヤモンドの指輪があったはず、金塊があったはず、1億円の札束があったはず、となってもあなたの手元には戻りません。(それを狙って買取活動をする業者もあると聞きます)
この問題を何とかしたいと考えた末に弊社も買取活動を行うようになったのです。

事故物件やゴミ屋敷の家を売却したいと思ったら株式会社まごのて法人営業第二部までご相談ください

事故物件を高価買取します
 

まごのてが行う物件買取での最大のメリットとは

お片付けのプロが運営するからこそできるご提案

上記の章でもお伝えしましたが、事故物件やゴミ屋敷化した家をそのまま売る場合のデメリットとして売買契約後は中のものすべてあなたの物ではないということです。

弊社はゴミ屋敷の片付けや遺品整理、特殊清掃を年間1000件以上行っています、そんな中でもご遺品整理や荒れた実家のお片付けでよくおっしゃられるのが「貴重品はもう全部取り出しました」「金目のものなんてありません」

このような言葉を聞いて作業開始してるにもかかわらず・・・出ます。

現金や貴金属だけではありません、思い出と思われる物など数知れず・・・

弊社に買取をご依頼いただければ売買契約締結後であっても、きちんと貴重品や思い出の物を探し出しピックアップしお客様にお渡しします、もちろん作業時の立会いも可能です。

売買契約後だから、などとドライなことは言いません、思い出が詰まった家を片付けるのに売買契約後だとか金銭の受け渡しが終わったから、などは全く別物なのです。

このようなことができるのは、まごのての事故物件買取システムでしかできません。

事故物件やゴミ屋敷をそのまま売却のご相談はこちら

不動産会社の出す『査定』金額を信用してはいけない

家を売却するときの流れ|不動産取引の基本

この章では家を売る際の流れと言いますか、不動産会社側の思惑を書いてみます、一応豆知識として覚えておいて損はありません。

家を売るときによく不動産会社に査定をしてもらって、高値を付けた不動産会社に売却をお願いする、という話をよく聞きます。

遺品整理作業の後なんかによくこのようなお話をされますが、『査定』と『売却額』はまったく関係ない、ということをご存じでしょうか?

査定はあくまでも、路線価や周辺相場、建物や土地の現況を加味して算出されるものです、ですからこの額はこの程度なら売れるんじゃないかな、という目安にすぎません。

では何故不動産会社によってこの査定額に差があるのか?
これは不動産会社のシステムを見ればよくわかります、不動産会社はどうやって利益を得ているのか?
大きくは以下の2つのパターンです。

1.土地や家屋を仕入れて売る。
2.売買や賃貸の仲介をして手数料を得る。


他にも管理などがありますが、大まかにはこの2点です、そして住宅の売買のほとんどは(2)の方法で行われます。

つまり、買取と謳ってない場合はあくまでも市場に出す価格であって売れる値段ではないということです。

ではなぜ『査定』に差が出るのか?これはズバリ専属選任媒介狙いです!

(例) あなたが所有する東京都江戸川区にある土地建物を売却したいとします、事前に査定された金額は、A社2700万円、B社3000万円、C社3100万円。
当然、3100万円を提示したC社に売却をお願いすることになります、当然C社としては自社だけで扱いたいと考えますので、あなたに専属選任媒介でやらせてください!となるのです。

詳しいことは省きますが、専属選任で預かった物件はその不動産会社しか取り扱いができません、あなた自身も他社の不動産会社への浮気は一切できないのです。

でも提示された金額で売れるならいいと思うかもしれませんが実際はそうではありません、不動産価格はあくまでも市場が決めることです、つまり3100万円が高いと感じれば買いますと手を上げる人はいません、ですから大きくかけ離れた査定額を提示した会社は販売活動が始まり反響が少ないと「値下げ」を持ち掛けて適正価格へ調整することもよくあります。

不動産会社にとっては痛くも痒くもなく、売れた際の仲介手数料さえ得れれば問題ありません(仲介手数料は成約額の3%+6万円)しかも縛りが強い専属選任ですから本音を言えばいくらで売れようが知ったこっちゃない、という部分もあります。

3100万円で売れた際に売主からいただく手数料は93万円、2700万円の場合は81万円と実はそう大きく変わりがありません、販売活動費も同じです。

ですから、もし複数社に『査定』をお願いした場合、出される金額は成約目標額なのか、周辺相場などを加味した実勢に近いものかを見極める必要があります。

事故物件をそのまま売る。すぐに現金化します

事故物件物件買取の流れ

1.まずはお気軽にお問合せください。

03-4405-4233  株式会社まごのて法人営業第二部

メールはこちら

2.お電話メールともに以下の情報をお知らせください。


・物件所在地
・建物種別(戸建orマンション等)と広さなど物件情報
・現在の状況(事故物件、ゴミ屋敷など)
・居住の有無

3.上記の情報を元に買取の可否を判断いたします。

4.契約に向けての作業に入ります。

物件買取可能地域は、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県です。

買取は弊社が提携する不動産会社もしくは自社で行います。

事故物件やゴミ屋敷のままお宅を買い取ります

賃貸物件オーナー様向け有益情報

大切な物件の管理をお任せください

株式会社まごのては特殊清掃やゴミ屋敷などのお片付け、清掃を年間1000件以上行い、創業(2008年)からの施工件数は裕に1万件を超える正真正銘のプロフェッショナルです。

凄惨な孤独死現場や壮絶なゴミ屋敷を目の当たりにするたびに思うことがあります、もう少し早い段階で何とかならなかったのか?

確かに孤独死は予見できません、ましてや亡くなった本人には責任ありませんがもっと早い段階で発見できる可能性はあったはずです。

100%本人の責任であるゴミ屋敷でも管理方法次第で発生させない、もしくは軽度のうちに対策ができた可能性があるのです。

私たちの行う管理は従来の不動産管理会社にはない視点と方法で物件オーナー様の資産をお守りいたします。

不動産を管理します
 

このような物件をお持ちのオーナー様におススメします

◇高齢の入居者が多い。
◇物件が遠方にあり管理しきれない。
◇こまめな管理をしてほしい。
◇現在の管理会社に不満がある。

私どもの管理は大切な物件の価値を下げないよう最善のご提案を行います、万が一孤独死が起きたとしても物件価値が下がるような事態にならないように、賃借人が掃除できないゴミを捨てることができないなど、従来の管理ではできなかったことまで一歩踏み込んだフォローアップを行います。

賃貸物件管理対象エリア
東京都23区城東エリア、千葉県西部エリア、埼玉県南部エリア

お問合せ、ご相談は 株式会社まごのて営業第二部

物件の美観を守ります
 
バナー

よくある質問

事故物件の管理者様から
よくある質問をまとめました。

・決済方法について
・特殊清掃について
etc...

会社概要

特殊清掃専門会社
株式会社まごのて
東京都江戸川区北葛西3-5-6
03-4405-4233

 

03-4405-4233

6:30~21:00

magonote-eigyoubu@osoujiyasan.jp 
お問い合わせ

 

PAGE TOP